生活を遊ぶ家 | シンプルモダン インテリアを楽しむ家

Yesterday & Today
Special Contents

| HOME | Special Contents | 生活を遊ぶ家 菊名モデルハウスその4 |


モデルハウス探訪

生活を遊ぶ家 菊名モデルハウス その4

積水ハウス「生活を遊ぶ家」の菊名モデルハウスは北欧スタイルがテーマの家です。
北欧+シンプルモダンをテーマにしている我が家では、家を建てるにあたり何度も
ホームページを見ては参考にさせていただきました。

そんな憧れの家、「生活を遊ぶ家」を訪問する事ができました。
積水ハウス様のご好意により撮影をさせて頂く事ができましたので
素晴らしい空間をご紹介したいと思います。

クリックで拡大


 ウォークインクローゼット


回遊できる間取りが楽しい菊名モデルハウス。

回遊できる楽しい間取り

パウダールームからウォークインクローゼットを経由してベッドルームに行くことも出来ます。



朝起きてからシャワーを浴びて身支度をするにも、バスタイムを楽しんでから就寝するにも、動線から考えると実用的な間取りであることがわかります。

着替えを運んだり裸で廊下を歩かなくてもよいので広さに余裕があれば是非設けたい部屋ですね。

造作のテーブルに鏡を組み合わせたドレッサー。鏡だけでもアートの様に存在感がありますが、写真の様なテーブルやコンソールテーブルに組み合わせるとインパクトのあるスペースになります。

poradaのGARBO ARM CHAIRがエレガント!!

クリックで拡大

クリックで拡大


 デスク

アントチェアがかわいいこちらのスペースは寝室の一角。キッズルームを別の用途に使用する為に、寝室に移動して来た様ですが違和感はありません。

建築化照明風のライトに合わせた横長のファブリックパネル。「こんな飾り方があったんだー!!」と驚かされました。

エアコンの設置はデスク下に。壁面がすっきりとするテクニックです。


 ベッドルーム


3連の小窓がアクセントとなっている寝室。

シンメトリーに配置したサイドテーブルとランプはホテルライクな演出の定番ですがこのコーディネートには参りました。

TECTAのK22 SIDE TABLEに合わせた照明は何と louis poulsenのPH2-1 。この位置の照明をまさか天井から吊るすなんて!!ああっ、家を建てる前だったら取り入れたのにー。

チェアは Fritz HansenのPK22 。後ろのグリーンはドラセナコンシンネ。ナチュラルなテイストを取り入れて落ち着ける空間となっていますね。

クリックで拡大

積水ハウス「生活を遊ぶ家」の菊名モデルハウスはいかがでしたか?
インテリアから発想した素晴らしい空間、想像を超える提案に夢が膨らむモデルハウスです。
モダンな家を建てたい方もインテリアが好きな方も1度は行かれる事をおすすめします。

 Special Contents

 建もの大好き
 インテリア大好き

 気の向くままに出かけて
 思いつくままに綴ります

 生活を遊ぶ家 公式サイト

 カタログ請求もこちらから出来ます。

 積水ハウス 菊名展示場

 神奈川県 横浜市 港北区 大豆戸町 150
 (菊名ハウジングステージ内)

 TEL. 045-540-1081

 詳しくはモデルハウスまで
        お問合せください。

クリックで拡大

アクセスMAP クリックで拡大します

 このページに掲載されている
        インテリアの紹介です


アントチェア4本脚 ラッカーホワイト (jacobsen アルネ・ヤコブセン)

1952年に発表された、20世紀史に残る名作アントチェア。3本脚のチェアとしてデザインされましたが、アルネ・ヤコブセン死後、安定性が考慮され4本脚のタイプが発売されました。単体での美しさもさることながら、広い空間に多数並べた時の美しさは他に類を見ません。

louis poulsen(ルイスポールセン)「PH2-1 」[600P3003N]

人気のPHランプシリーズの復刻品です。小さいペンダントなので、多灯吊りするとボリューム感が出て、しかも華やかさも演出できます。

Fritz Hansen(フリッツハンセン)「PK22」ラタン【取寄せ品】[797PK22WW]

すらりと伸びた脚と薄く軽やかな背座は、まるで「みずすまし」を思わせるフォルム。1955年、北欧を代表するデザイナー、ポール・ケアホルムによってデザインされた、20世紀を代表する名作椅子として広く知られています。