生活を遊ぶ家 | シンプルモダン インテリアを楽しむ家

Yesterday & Today
Special Contents

| HOME | Special Contents | 生活を遊ぶ家 菊名モデルハウスその1 |


モデルハウス探訪

生活を遊ぶ家 菊名モデルハウス その1

積水ハウス「生活を遊ぶ家」の菊名モデルハウスは北欧スタイルがテーマの家です。
北欧+シンプルモダンをテーマにしている我が家では、家を建てるにあたり何度も
ホームページを見ては参考にさせていただきました。

そんな憧れの家、「生活を遊ぶ家」を訪問する事ができました。
積水ハウス様のご好意により撮影をさせて頂く事ができましたので
素晴らしい空間をご紹介したいと思います。

クリックで拡大


 エントランス


大谷石が敷かれた格調高いエントランスがゲストを迎えます。

大きなガラスの奥に坪庭があります。小さいスペースですが効果的な演出ですね。

間接照明を多用したライティングがとても素晴らしいです。ダウンライトの位置ひとつとっても考え抜かれているのがよくわかります。


 ダイニングキッチン


CAFE?BAR?ベッカムも愛用しているというポーゲンポール社のキッチン。機能的でありながらも無駄なラインが微塵もないプロポーションに釘付け。

カップボードはガラスの扉を開けると並べられたワイングラスがライトアップされているんですよ!!

セブンチェアもプラーノテーブルと組み合わせれば高級感が増してとても新鮮に写ります。

カウンターに並んでいるのはLEM。4個も並べたら本当にお店みたいですね。

クリックで拡大

クリックで拡大


 ミラー


「生活を遊ぶ家」のモデルハウスではダイニングのこの位置に大きな鏡を設置するのが定番の演出の様ですね。

スペースを広く感じさせる効果がありますので取り入れたいテクニックです。直線的な配置のキッチンとテーブルの延長線上にある事で奥行き感が倍増。

こちらも間接照明とダウンライトが効果的に使われています。


 つながるフロア


ダイニングからリビング方向を眺めると緩やかにつながったワンルームである事がわかります。

リビングともダイニングともつながる中庭はホームパーティーやBBQ、様々なシーンに対応出来るフレキシブルな空間となっています。

外を閉じて中に開くつくりのこの家、都市型住宅を考えている人にとって大いに参考になるのではないでしょうか?

クリックで拡大

 Special Contents

 建もの大好き
 インテリア大好き

 気の向くままに出かけて
 思いつくままに綴ります

 生活を遊ぶ家 公式サイト

 カタログ請求もこちらから出来ます。

 積水ハウス 菊名展示場

 神奈川県 横浜市 港北区 大豆戸町 150
 (菊名ハウジングステージ内)

 TEL. 045-540-1081

 詳しくはモデルハウスまで
        お問合せください。

クリックで拡大

アクセスMAP クリックで拡大します

 このページに掲載されている
        インテリアの紹介です


セブンチェア ナッツナチュラル (jacobsen アルネ・ヤコブセン)

アントチェアの後継モデルとして1956年に発表されました。座面は薄い9枚レイヤーの積層合板で構成されており、外側を美しい木目の仕上げ板で挟み、3枚目を横目に使い、中央は縦目使いにし、椅子のカタチに3次元成型した高度な技術で作られています。その結果セブンチェアの特徴でもある軽さと強度に優れたチェアを生み出したのです。14mmと細いクロームメッキ仕上げのスチールパイプで支えられた軽快な姿はバタフライチェアの愛称を持っています。

プラーノテーブル (Fritz Hansen フリッツハンセン)

テーブルトップが宙に浮くような軽やかなテーブルは、2000年にペリカンデザインによってデザインされました。テーブルトップが4本の脚の上浮いて見える仕掛けで、食堂、セミナー、会議室、住宅用としてお使いいただけます。テーブルトップは厚さ10mmの裏面白色焼付塗装ガラスです。

ハイスツール (LEM)

ロンドンを中心に活躍する日本人デザインユニット「AZUMI」の代表作とも言えるスツール。ミラノサローネにて発表後、その洗練されたフォルムのスツールは世界で高い評価を得ています。座面とフットレストが同一のフレームで構成され、無駄の無いシンプルで機能的なデザインが特徴。ガスショックにより高さ調整も可能で、座り心地も快適なキッチンのカウンター等に最適なスツールです。