シューメーカーチェア | シンプルモダン インテリアを楽しむ家

Yesterday & Today
Interior

| HOME | Interior | Shoemaker Chair |


シューメーカーチェア

Shoemaker Chair


15世紀に靴職人の椅子としてデンマークに普及したこの椅子、元々は農場で牛の乳搾り用として誕生したそうです。

無垢材を削りだして作り出した独特のフォルムがおしりにぴったりフィット。
見た目からは想像出来ない驚きの座り心地。時代を超えて愛されているのも納得です。

サンドペーパーを少しかけてWENNEXでソープフィニッシュをしたところとても滑らかな触り心地になりました。

使い込むほどに表面の滑らかさが増し、より自分の身体にフィットしていくそうです。長く大事に使っていきたいです。



sc1.png

クリックで拡大します


シューメーカーチェア

デザイナー  |  No Designer
ブランド   |  WERNER
サイズ    |  NO49:W530×D400×H510×SH460mm

私が スツール(Shoemaker Chair No.49)
購入したのは
SEMPRE icon というお店です。


 SHOPはこちらからどうぞ
LinkIcon スツール(Shoemaker Chair No.49)

 Interior

 インテリアを楽しむ家の
 北欧の家具などを紹介します

 インテリアで迷われている方
 イメージづくりの参考にどうぞ